クレジットカードの使い方や注意をクレジットカード一番だし!ではご紹介します。だし

クレジットカード

クレジットカード利用のルール

「しっかりプランとプランを立てる」
「無理をしない」

この二つが大きな柱です。

「クレジットカードの利用は計画的に」
一般にクレジットの月々の支払の上限は収入の20〜25%といわれています。
自分の収入に照らし合わせて計画的にクレジットカードを利用することが大切です。
万が一、利用計画に支障が生じた場合にはカード会社などへ相談しましょう。

「支払期日はしっかり守りましょう」
支払期日に遅れてしまうと遅延損害金を支払うばかりでなく、信用が損なわれます。
クレジットカードの利用ができなくなる場合がありますので、そうならないためにも支払期日をきちんと守ることが大切です。

「利用限度額を把握しておく」
クレジットカードを利用する時は、利用限度額をしっかり頭に入れて使うことが大切です。
限度額を超えた場合ご利用をお断りすることがありますので、利用限度額を超えてしまうことが予想される場合にはあらかじめカード発行会社まで相談してみましょう。

「トラブル防止のシステム」
カード会社では、第三者の不正使用などのトラブルを未然に防ぎ、より快適で安全なカードライフをお楽しみいただくために、お店(加盟店)や商品ごとに、1回のカード利用に限度額(信用販売限度額)を設けています。
この限度額を超えてご利用になる場合、お店はCATまたは電話等でカード会社に販売承認を得るシステムになっています。
この際に電話窓口で、ご本人の確認をする場合があります。

「会員規約にはしっかり目を通す」
クレジットカードの会員規約にはとても重要なことが記されています。
クレジットカードの申込時にはしっかりと内容を読んで、もし分らないことがある場合には、必ずカード会社から説明を受け内容を把握するようにしましょう。

忘れない様に注意しましょう

「クレジットカードは絶対他人に貸さない」
クレジットカードは発行を受けた名義人以外(家族でも)は使用できません。
他人に貸したカードで、もしトラブルが発生しても責任は貸した本人となり困るのは貸した本人です。
名義貸などにより被害に遭われた場合も、貸した本人の責任となります。

「クレジットカードの所有権はカード会社にある」
クレジットカードは、カードの裏面にも記載されています様にカード会社から会員に貸しているものです。
盗難や紛失などが起こらないように管理には、十分にご注意ください。
万が一、盗難や紛失などが起きた場合には警察とカード会社へすぐに届け出ることが大切です。

カード会社へ電話 警察へ連絡

「クレジットカードには必ずサインを」
新しいクレジットカードを手にしたら、まず最初に必ずカードの裏の所定欄にサインをします、本人のサインのないカードは利用出来ません。
サインが義務づけられているのは、カードがご本人のものであるという確認を行うためです。
カードのサインが盗難・紛失の際のトラブル防止に役立ちます。
サインがない場合には、カードが不正使用された時にも損害額が補償されませんので特にご注意ください。

「売上票の利用代金をしっかり確認」
サイン(もしくは端末機へ暗証番号を入力)をした売上票の金額は本人の承認されたものとして扱われます。
売上票に記入された利用代金は必ず確認してください。
特に海外では現地通貨で表示されますので特に注意が必要です。

「売上票の控え、明細は大切に保管する」
加盟店から渡される売上票の控えやCD、ATM機利用時の明細は大切に保管し、後日カード会社から送付される明細書との照合を忘れないようにしましょう。
「注意」売上票の控えや明細をその場で捨てて、第三者に拾われカード番号や有効期限を不正に使用される事件が発生しています、不用意に処分するのは避けましょう。

「暗証番号は他人に教えない、解らないようにする」
暗証番号は絶対に他人に知らせないように!カード会社や警察が、電話などであなたの暗証番号の確認をすることはありません、電話での問い合わせが合っても決して教えてはいけません。
暗証番号を記入したメモとカードを一緒にしたり、電話番号、生年月日など他人が簡単に知り予想出来る番号は危険ですので、暗証番号にしてはいけません。
暗証番号が利用された不正利用についての損害は、原則として本人様負担となります。
万が一、暗証番号を忘れた場合はカード発行会社に連絡し所定の手続きを取りましょう。

「カードの保管の際には注意を」
クレジットカードのストライプ部分は磁気になっていて、カードご利用に必要な情報が入っています。
テレビ、オーディオなど強い磁気を帯びたものに近づけないようご注意ください。
会員番号がわかれば、カード会社でもスピーディーな対応ができるので、万一の場合も安心ですので、紛失・盗難などに備えて、会員番号とカード会社の電話番号を控え第三者に見られないところに保管するのもおすすめですが、暗証番号を一緒に控えたり、保管したりは絶対してはいけません。

こんな時クレジットカード会社へ連絡

「クレジットカードの紛失・盗難はすぐにカード会社へ連絡を」
紛失したり盗難にあった場合、すぐカード発行会社に連絡と最寄りの警察に届けでをしてください、他人に悪用されると大変です。
カード会社ではただちに紛失手続きをとり悪用を防止します。
カード会社より紛失届が送られてきますので、すぐ記入してご返送ください。
クレジットカードの保管にはくれぐれも注意しましょう。

変更届は忘れずに
住所や勤務先、指定決済口座などの変更、また結婚などで姓が変わった場合などにはすぐカード発行会社まで連絡しましょう。
この手続きを忘れると、郵便物がお手元に届かなかったり、決済口座での自動引き落としがスムーズにいかなくなるなどいろいろな不都合が生じますの変更届は忘れないようにしましょう。

「売上票の処理で不審な点がある場合」
「売上票が何枚かに分けて作られていた」「取扱日が違っていた」「カードを店の奥に持って行かれ、しばらく返してもらえなかった」こんな時や、不審な点があればカード会社まで連絡しましょう。
カード会社への連絡はカード名義本人が行ってください。  

参考:JCCA日本クレジットカード協会

メニュー

トップページ| クレジットカード基本の基本| クレジットカードの基礎知識| クレジットカード利用のルール| クレジットカードの海外での利用方法| クレジットカードの裏面のサイン| クレジットカードの盗難や紛失を防ぐ| クレジットカードの暗証番号に注意| インターネットでのクレジットカード利用の注意| ICクレジットカードについて| さくらカード一覧| クレジットカード会社link| クレジットカード情報link| お役立ちlink

Copyright (C) 2006 iroe.sakura. All Rights Reserverd.