クレジットカードの使い方や注意をクレジットカード一番だし!ではご紹介します。だし

クレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカード【credit card】

大辞泉「銀行・商店などと提携したカード会社が会員に発行するカード。現金を支払わずに、カードを提示するだけで買い物などができる。」
大辞林「信用販売に用いられるカード。決済手段などを定めた契約に基づき発行され、提示をすれば直接に現金を支払うことなく買い物や飲食ができる。」

Creditを日本語に訳すと信用、信用するになります。

上記の様にクレジットカードのクレジットと相互のの信用のことで、本来は利用者の信用に基づいた信用供与を意味しています。

信用を基に、利用者とカード会社の間の契約によって、買物や食事ができるようになっています。
クレジットカードを持つことは『カード会社から一定期間、信用を供与されている』ことです。
日本国内でも海外でもルールをしっかり守って管理しなければなりません。

例えば、あなたがデパートで買い物をし、カードで支払うとします。

このとき、カードを差し出して、サインを書けば、商品を購入することができます。
このとき商品の代金はどうなっているのかというと、カード会社があなたを信用して立て替えてくれているわけです。

この信用があるからカードが使えるという事で、信用が無くなれば、カードの利用を止められるということも起こります。
そうならないためにも、返済は遅れないように、計画的にカードを利用して行かなくてはいけません。

クレジットカードはこのように、お金の代わりとなるカードですから現金を持っていなくても特に困ることなく買い物などで来ます。
これを便利でお得だと感じるかどうかは人それぞれだとは思いますが、インターネットでの買い物などを頻繁に行う人や、金額の大きな買い物の時など現金を持たなくても良いという安全性の面などからも、最早クレジットカードは現代社会において無くてはならないものとなっているとよいでしょう。

[まとめ]

利用者の信用を基にクレジットカード会社は、ショッピングなどをしたお店(加盟店)にその代金を利用者(カード会員)に代わって支払います。
これが現在的なクレジットカードによる商品の購入・サービスの利用から、代金の支払いまでの仕組みです。
■おススメクレジットカード⇒三井住友VISAカード

クレジットカードによる商品の購入・サービスの支払いまで

現在一般的に行なわれているクレジットカードによる商品の購入・サービスの利用から代金の支払いまでの仕組み次のようになります。

  1. 商品・サービスの提供
  2. カード提示・売上票にサイン(もしくは端末機へ暗証番号を入力)
  3. 売上票送付(売上データ伝送)
  4. 売上代金支払
  5. 利用代金明細書送付
  6. 利用代金支払

■利用代金の支払いは、お届けいただいた金融機関の決済口座から自動引き落としにより行なわれます。

クレジットカード利用の広さ

国内・海外で利用できるから便利さもワールドワイド。
クレジットカード一枚でたのしみは大きく広がります。

クレジットカードの大きな魅力は、現金を持ち歩かなくてもカードだけでショッピングをはじめ、ホテルやレストランなどの利用、各種の優待利用といったサービスが受けられる便利さにあります。

また、海外においても便利な各種サービスが用意されており、用途に応じたサービスを受けることが出来ます。

カードで割引  

さらにクレジットカードにはキャッシングなどのサービスやローンサービスもあり、一定額の融資が受けられるなど、さまざまなニーズにお応えしています。
クレジットカードのキャッシング機能ですが、注意して頂きたいことがあります。
キャッシングの利息は、消費者金融とさほど変わるものではありませんので、余程のことが無い限り、使わないほうが良いでしょう。

キャッシングの限度額を設定できるようになっていますので、利用したくない場合には、限度額をゼロにしておくと間違いありません。

クレジットカードはもう1枚のパスポート

クレジットカードは本人確認機能の役割も果たします。
クレジットカードは本人確認の役割も果たしますので、海外で威力を発揮します。
「ホテルのチェックインやチェックアウト時」に、また「レンタカーを借りる時」などに本人であることを証明するパスポート並みの役割を果たすのがクレジットカードです。

計画的なお支払い

自分に合ったお支払いが選べることも特徴です

クレジットカードのご利用代金の支払方法には、「1回払い」「2回払い」「ボーナス一括払い」「リボルビング払い」「分割払い(3回以上)」などを選ぶことが出来ます。
ご利用の際には、ご自分に合った支払い方法を選んで、上手に計画的に支払うことが出来ます。

「1回払い」「2回払い」「ボーナス一括払い」では手数料はかかりません

■リボルビング払いについて

リボルビング払いとは限度額内であればご利用額や購入した商品数にかかわらず、あらかじめ定めた一定の額(定額)又は一定の率(定率)で代金を毎月支払う方法です。
毎月の支払額が平準化(ボーナス時には増額も可能)され、無理のない計画的なお支払いが可能となります。
支払方式は定額方式と定率方式、残高スライド定額リボルビング方式の3タイプがあり、カード会社によって方式が違いますのでご利用の際はご確認下さい。

■リボルビング払いご利用時の注意

ご利用残高により手数料及び月々のお支払い額が決まりますので、会員規約や利用代金明細書などをよくお読みください。

■分割払い(3回以上)について

利用金額を希望の回数に均等分割して支払う支払い方法です。
支払い回数は3・5・6・10・12・15・18・20・24回と色々用意されており、支払い額は初回から最終回まで元金と手数料の合計がほぼ一定となります。

返済回数など返済方法はお持ちのクレジットカードにより異なる場合があります。

■分割払いご利用時の注意

支払い回数により手数料(実質年率)が異なりますので、会員規約や利用代金明細書などをよく読みご確認下さい。

■支払停止の抗弁について

分割払い、リボルビング払いで商品を購入して、その商品に破損、欠陥、商品の違いや引き渡しが行われなかったなどのトラブルが起きた場合には、交換・修理や引き渡しなどを加盟店に申し出いただき、カード会社までご連絡ください。
当該トラブルが解消されるまでカード会社への支払いを停止する「抗弁権の接続」が出来ます。
ただし、金額、商品によっては「抗弁権の接続」が認められない場合がありますので、詳しくはカード会社にご相談ください。

参考:JCCA日本クレジットカード協会

メニュー

トップページ| クレジットカード基本の基本| クレジットカードの基礎知識| クレジットカード利用のルール| クレジットカードの海外での利用方法| クレジットカードの裏面のサイン| クレジットカードの盗難や紛失を防ぐ| クレジットカードの暗証番号に注意| インターネットでのクレジットカード利用の注意| ICクレジットカードについて| さくらカード一覧| クレジットカード会社link| クレジットカード情報link| お役立ちlink

Copyright (C) 2006 iroe.sakura. All Rights Reserverd.